コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

膝関節の痛みで悩んでいる方

膝関節の痛みで悩んでいる方が私の周りにもいます。

季節でひざ痛になるとか、雨が降る前に痛くなるとか
様々なことを言ってます。

私自身は、ひざ関節痛とは縁がないので
その苦しみを良く分かりませんが、膝に
持病を持っている方の話では、相当苦しいといいます。

加齢による膝軟骨の減少は、
ひざ痛の一つの要因と言われています。

ですから、年をとるほど誰でもが膝関節痛になる
可能性があるわけです。

今では、様々なサプリメント等をとる方も多く
ひざ関節痛に対する予防に関心を示しています。

一度なってしまううと改善するのは
中々大変ですし、予防が肝心ですよね。

私もコンドロイチンやコラーゲンなどの
サプリメントを続けてます。

備えなれば憂いなし・・・かな。

五十肩が辛い

膝の痛みに加え、五十肩になったらかなり辛いですよね。

私は、最初に右肩になりました。

約1年間かかって治りました。


しかし今度は左肩が・・・

ことらも1年間で治りました。


五十肩って1年で良くなるものなんでしょうか。


五十肩って言ってますが、

なったのはもっとずっと若い年齢です。


もうなりたくないですね。
タグ:五十肩

膝関節が痛む原因とは

膝関節が痛む原因は、色々考えられます。
ひざ関節痛の主な原因について調べてみました。

血行不良も膝関節痛の原因の一つになります。
それはなぜかと言うと軟骨は血液で運ばれてきた栄養を素に、すり減った軟骨を再生または修復をするんですね。
身体が冷えると血流が悪化、栄養成分が届きにくくなるわけです。そうすると軟骨の修復が遅れたりして膝関節痛と言う形で症状が出てきます。そして動脈硬化もそうですしドロドロ血液なども血行不良の一つの原因になります。

膝軟骨がすり減る原因は様々な要因がありますが、日常の生活の中で、立つ歩く走るなどの普通の行動でも、ひざ軟骨に負担がかかっているんですね。

日常生活でも軟骨がすり減る原因があるわけですから、加齢で軟骨が磨り減ってきてしまうのはある程度仕方のないことなのかも知れません。
そしてそのすり減った膝軟骨はクッションとしての役目が十分に果たせなくなったとき膝関節痛となりひざの痛みを感じます。

ある調査によれば50歳代女性の場合約二人に一人が膝関節痛予備軍だと言われているんです。もちろんひざ関節痛がでる膝軟骨の磨り減る原因は加齢だけの問題ではありません。ひざに大きな負担となる肥満も原因になりますので肥満の方は、ダイエットの必要も出てきます。

スポーツはメタボリック対策や肥満対策ダイエットに良いと言われていますが、過度な運動は避けた方が膝関節のためにはいいと思います。
激しい運動は膝軟骨を早くすり減らす事にもつながりかねませんからね。

筋力強化で膝関節を守る

膝が痛い悩みは深刻ですよね。
ヒザ痛に悩む人は、筋力強化訓練でヒザを守りましょう。
ひざ痛は、膝の内側の内側広筋が弱っていることが多いんですよ。

なぜ膝の筋肉を鍛えるかと言うと、ひざの筋力が衰えると本来吸収されるべき衝撃が、直接関節にかかり膝関節軟骨の擦り減りを早めてしまうからなんです。
ヒザを衝撃から間接的に守っているのは、太ももの筋肉で大腿四頭筋といいます。そこでこの筋肉を鍛える事が膝の痛み軽減に役立つわけですね。
そしてその中でも、ひざ痛で困っている人は、膝の内側にある内側広筋が弱っている場合が多くあるんですね。

出来れば膝の筋力強化訓練をして、膝の伸筋(伸ばす筋肉)大腿四頭筋と膝の屈筋(曲げる筋肉)ハムストリングスを強化しましょう。膝関節痛の方は膝の筋力強化訓練は欠かせませんね。

なんと言ってもこの筋肉を鍛えることは、全ての膝の疾患で非常に重要と言えるんですね。
特に年配者の方は自然に筋力が衰えてきますので、意識して訓練することが大切になります。

適度な運動は、膝ばかりでなく自分の健康を保つ上でもとても重要ですね。毎日は無理でも、空いた時間に散歩するくらいの事は、習慣にしたいものですね。

膝関節の病気、痛みで苦しむ人達が急増中

高齢化社会が進み、関節の病気に苦しんでいる方が急増中だそうです。
ひざ関節の痛みは、病気や怪我、スポーツ選手、特殊な職業などを除くと多くの原因は老化現象と言われているんですね。
膝の痛みばかりではなく、関節痛はやはり老化との因果関係が多いようなんです。

関節痛には急性、亜急性、慢性があり、急性や亜急性として外傷性、感染性の関節炎、慢性の主なものには変形性関節痛症があります。原因不明の多発性関節炎として、慢性関節リウマチというのもあります。

若年化が進むと、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)などには多くの人がなる可能性があります。私も例外なく右肩で約1年間、そして右肩が治ったと思ったら、左肩でまたまた約1年間痛みを経験しました。

今多くの方が悩んでいるのは、膝関節痛で軟骨がすり減って歩く事も困難になる、変形性膝関節症という病気です。ひざ関節の痛みを抱えている多くの人は変形性膝関節症だといわれているんですね。

人間は関節軟骨があるおかげで膝関節がスムーズに動くんですね。
そして健康な人の軟骨の厚さは、太もも側で7mm、すね側が5mm程度なんです。
そこの所へ毎日、自分の体重や色んな力がかかり、膝軟骨は擦り減っていくんです。
膝軟骨のすり減り具合は、だいたい25歳前後から始まって40歳を過ぎると大きく加速し始め1年に約0.1mmなどと言われているんですね。
この軟骨が擦り減り間接が直接当たることにより、痛みがでてきます。
膝関節の痛みの主な原因は、軟骨の減少なんですが、ひざ関節痛を引き起こす原因はその他にもあります。膝関節に痛みを感じたら、まず安静にして、早めに専門医の整形外科を受診するように致しましょうね。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。