コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

膝関節の病気、痛みで苦しむ人達が急増中

高齢化社会が進み、関節の病気に苦しんでいる方が急増中だそうです。
ひざ関節の痛みは、病気や怪我、スポーツ選手、特殊な職業などを除くと多くの原因は老化現象と言われているんですね。
膝の痛みばかりではなく、関節痛はやはり老化との因果関係が多いようなんです。

関節痛には急性、亜急性、慢性があり、急性や亜急性として外傷性、感染性の関節炎、慢性の主なものには変形性関節痛症があります。原因不明の多発性関節炎として、慢性関節リウマチというのもあります。

若年化が進むと、四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)などには多くの人がなる可能性があります。私も例外なく右肩で約1年間、そして右肩が治ったと思ったら、左肩でまたまた約1年間痛みを経験しました。

今多くの方が悩んでいるのは、膝関節痛で軟骨がすり減って歩く事も困難になる、変形性膝関節症という病気です。ひざ関節の痛みを抱えている多くの人は変形性膝関節症だといわれているんですね。

人間は関節軟骨があるおかげで膝関節がスムーズに動くんですね。
そして健康な人の軟骨の厚さは、太もも側で7mm、すね側が5mm程度なんです。
そこの所へ毎日、自分の体重や色んな力がかかり、膝軟骨は擦り減っていくんです。
膝軟骨のすり減り具合は、だいたい25歳前後から始まって40歳を過ぎると大きく加速し始め1年に約0.1mmなどと言われているんですね。
この軟骨が擦り減り間接が直接当たることにより、痛みがでてきます。
膝関節の痛みの主な原因は、軟骨の減少なんですが、ひざ関節痛を引き起こす原因はその他にもあります。膝関節に痛みを感じたら、まず安静にして、早めに専門医の整形外科を受診するように致しましょうね。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。