コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

膝関節が痛む原因とは

膝関節が痛む原因は、色々考えられます。
ひざ関節痛の主な原因について調べてみました。

血行不良も膝関節痛の原因の一つになります。
それはなぜかと言うと軟骨は血液で運ばれてきた栄養を素に、すり減った軟骨を再生または修復をするんですね。
身体が冷えると血流が悪化、栄養成分が届きにくくなるわけです。そうすると軟骨の修復が遅れたりして膝関節痛と言う形で症状が出てきます。そして動脈硬化もそうですしドロドロ血液なども血行不良の一つの原因になります。

膝軟骨がすり減る原因は様々な要因がありますが、日常の生活の中で、立つ歩く走るなどの普通の行動でも、ひざ軟骨に負担がかかっているんですね。

日常生活でも軟骨がすり減る原因があるわけですから、加齢で軟骨が磨り減ってきてしまうのはある程度仕方のないことなのかも知れません。
そしてそのすり減った膝軟骨はクッションとしての役目が十分に果たせなくなったとき膝関節痛となりひざの痛みを感じます。

ある調査によれば50歳代女性の場合約二人に一人が膝関節痛予備軍だと言われているんです。もちろんひざ関節痛がでる膝軟骨の磨り減る原因は加齢だけの問題ではありません。ひざに大きな負担となる肥満も原因になりますので肥満の方は、ダイエットの必要も出てきます。

スポーツはメタボリック対策や肥満対策ダイエットに良いと言われていますが、過度な運動は避けた方が膝関節のためにはいいと思います。
激しい運動は膝軟骨を早くすり減らす事にもつながりかねませんからね。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。