コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

ひざ関節痛を薬でやわらげる

ひざ関節痛を和らげる為に薬やカルシウム剤などを使用した薬物療法は一時的に膝痛を止めるためであり、完全に直す治療方法ではありません。

あくまでも膝関節痛の対症療法で、炎症を抑え、ひざ痛の症状を軽くし回復を助けるためのものです。運動療法、物理療法の補助であって、根本的な治療ではないと言う事になりますね。 

膝関節痛がひどく痛む場合に内服薬を急性期に用いることがあります。非ストロイド系抗炎症鎮痛薬は痛みを軽くし腫れや炎症を急速に抑えてくれ、変形性膝関節症に主に用いられています。

ひざ関節痛でストロイド系抗炎症鎮痛薬は慢性関節リウマチに使用され変形性膝関節症には用いられません。これらがひざ痛時に用いる内服薬です。

膝 関節痛の痛みがおちついた慢性期に使用する外用薬は、塗り薬と貼り薬になろます。塗り薬 クリーム軟膏は風呂上りに塗ってマッサージをすると良いでしょう。温熱療法と併用すると効果的といわれています。

ひざ関節痛に 貼り薬 湿布薬ですね。温感、冷感湿布があります。薬を皮膚から染み込ませるのが目的になります。

ひざ関節痛に坐薬は効き目がかなり速いので、膝痛が特にひどいときに用います。

膝関節痛での膝痛に注射薬を病院では膝の痛みを和らげるため注射をする場合があります。その注射の中身は、ヒアルロン酸で膝に注入し一時的に膝痛の症状を軽くさせてくれます。

ひざ関節痛のこらえきれない痛みが有ったなら、これらの事を用い膝痛を和らげます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。