コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

ひざ関節痛は、熟年世代の症状

ひざの関節痛は膝関節が、痛むわけですが、事故などの外部要因を除いた場合、大きく分けて次にあげる3種類がありますね。

@「変形性ひざ関節症」は、熟年世代に最も多い症状なんですですね。
A「リウマチ」は膝(ひざ)だけではなく、体の節々が痛くなる病気で、特に女性に多いといいます。
B「痛風」は尿酸が沈着し炎症を起こす病気で、こちらは特に男性に多いようですね。

今回は、変形性ひざ関節症にスポットを当ててみたいと思います。

ひざ関節は、通常骨と骨の間の軟骨によって、スムーズに曲げ伸ばしが出来るようになっているんですが、変形性ひざ関節症になると、この軟骨が磨耗したり、性質が変わること等により、痛みが出てくる病気ですね。

例を挙げれば「軟骨の一部がはがれ、その周辺にある滑膜を刺激、それらの要因により炎症が引き起こされて、水がたまったりする障害があるんですね」

この軟骨の磨耗や変性の原因は、まだはっきりとは分かっていませんが、通常、加齢により変性していくと考えられているんです。それに、O脚やX脚の方は、片側の軟骨ばかりに負担が多くかかってしまい、変性しやすくまた肥満の方も、関節への負担がさらに大きくなってしまうんですね。

軟骨は、骨折などとは違い、いったん傷みが始まると中々元には戻らないそうです。そいう理由で、ひざ関節症は、完治を目指すというより、いかに上手につきあっていくかが、そこがポイントとなってくるんです。

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。