コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

膝関節の痛みで悩んでいる方

膝関節の痛みで悩んでいる方が私の周りにもいます。

季節でひざ痛になるとか、雨が降る前に痛くなるとか
様々なことを言ってます。

私自身は、ひざ関節痛とは縁がないので
その苦しみを良く分かりませんが、膝に
持病を持っている方の話では、相当苦しいといいます。

加齢による膝軟骨の減少は、
ひざ痛の一つの要因と言われています。

ですから、年をとるほど誰でもが膝関節痛になる
可能性があるわけです。

今では、様々なサプリメント等をとる方も多く
ひざ関節痛に対する予防に関心を示しています。

一度なってしまううと改善するのは
中々大変ですし、予防が肝心ですよね。

私もコンドロイチンやコラーゲンなどの
サプリメントを続けてます。

備えなれば憂いなし・・・かな。

五十肩が辛い

膝の痛みに加え、五十肩になったらかなり辛いですよね。

私は、最初に右肩になりました。

約1年間かかって治りました。


しかし今度は左肩が・・・

ことらも1年間で治りました。


五十肩って1年で良くなるものなんでしょうか。


五十肩って言ってますが、

なったのはもっとずっと若い年齢です。


もうなりたくないですね。
タグ:五十肩

ひざ関節痛と変形性膝関節症 老化の原因活性酸素

ひざ関節痛を伴う変形性膝関節症ですが
その原因は多くの場合老化によるものですね。

そして老化の原因のひとつに活性酸素があります。
人間ですから呼吸をしている以上、
活性酸素は避けるのは無理なんですね。

酸素が有害?と以外に思われた方も多いのではないでしょうか?

活性酸素も少しであれば、からだの免疫に有意義なんですが、
増えすぎた場合には身体の細胞に悪さをするんですね。

なんと活性酸素が体をサビさせてしまいうんです。

身体のサビが老化の原因のひとつですから
膝関節痛をともなう変形性膝関節症のひとつの原因にもなります。

膝の痛みを伴う変形性膝関節症対策として
活性酸素を減少させるにはどうすれば良いのでしょうか?

それには抗酸化と言うことになります。

抗酸化で始めたいのは、まず食事ですね。
聞いた事があるかもしれませんが抗酸化(SOD)食品を摂取します。
抗酸化食品を数多く取り、活性酸素に対抗すると良いですよ。

活性酸素に対抗し老化防止そして
変形性膝関節症対策、ひざ関節痛対策にもなりますよね。

赤ワインのポリフェノール、カカオなども抗酸化食品になります。
特に紫色の野菜や果物などに抗酸化効果の高いものがおおいです

抗酸化成分を含んだ、サプリメントやお茶など色々な
商品もあるようですので試してみては。

膝の痛みひざ関節痛は、出来るだけ縁のないものにしたいものです。


膝関節痛の症状を考える

膝関節痛の対策には、ひざの負担を大きくしないために、太りすぎないように常日頃から気をつけることが重要です。

ひざ関節痛の症状が軽度だった場合は、その進行を遅らせる為の体操が効果的といわれています。

膝関節を支えている筋肉を鍛える「ひざ体操」というのがあるんですが、この体操は、場合により逆効果になることもあるので、必ず医師の指導を受けて行うようになります。

重度のひざ関節痛の場合はサポーター等の装具を使用したり、膝関節の働きを滑らかにするための成分含んだ注射治療もあるんですね。

ひざ関節痛の症状がさらに進んで、軟骨だけではなくて骨までも変形した場合、手術による治療をする事もありますね。

よくある症状で、動き始め、歩き始めは膝が痛むが動いているうちに、ひざの痛みが治まってくるような場合は、まだ初期症状といえるようです。

少しでも膝の様子が「おかしいな、違和感があるな」と思ったら、まず病院で早めに見てもらうことがもっとも大切だと思います。

ひざ関節痛の人のための靴選びのポイント

ひざ関節痛の人が、膝痛を悪化させないようにする為の靴の選び方。靴の本来の役割としては、足の裏と足を安定させることになります。

膝 関節痛の人に多い足の変形の原因の多くは、毎日履いているくつ選びが間違っているからようですね。デザインやファッションを優先させ、つま先の細すぎる物や、かかとが高すぎて安定が悪い靴などを選んでいると、ひざ関節痛はいつまでたっても良くなりません。

ひざ 関節痛の人は、自分の足に合った靴選びのポイントとして、「親指の付け根と小指と外くるぶしの中間部にフィット感があるかどうか」が目安となるそうです。

ひざ関節痛の人が、膝痛を悪化させないための靴選びのポイント。

・まず 靴のつま先が広めで上向きになっていること
・かかとが細かったり高すぎるものは厳禁
・かかとの角に丸みがあり安定していること
・靴の内側の形状が足とフィット感がある物
・靴そのものが軽く出来ていてへたらない物
・ゴム底で出来ていて弾力性がある物
・甲がきつすぎない物

ひざ 関節痛の方は、以上のような点に注意した靴選びをしましょう。

膝関節痛の方は杖で転倒防止と体重の分散

膝関節痛の方は杖で転倒防止と体重の分散。ひざ関節痛で変形性膝関節症があるていど進行してしまった方や、ころぴやすいと言う場合に杖の使用をオススメ致します。

杖を使用すると体重を分散させるので、膝関節痛の方が歩くときに膝痛が緩和され、なおかつ転倒防止にもなるというメリットがあります。膝だけではなく、脚全体の負担を軽減します。

膝関節痛の方は普段の生活では、T字杖が多く使用されてますが、このほかにも足の部分が3点、4点支持になっていて安定の優れた物もあります。杖を持つほうはひざ痛がない方の手にもつと良いです。

ひざ関節痛の人は、杖を前に出すと同時に痛い方の足を出して、杖で支えながら体重を移動させ痛みの少ない足を出して歩くようにします。杖を使いながらでも、積極的に外出することはとても大事なことになります。

ひざ関節痛の方は膝サポーターを使うと良い

ひざ関節痛で悩む方はサポーターを使用すると楽になります。膝サポーターを使う目的は二つ程あります。使用する目的別に、サポーターを選ぶことが重要になります。

ベルト式サポーター(ひざ関節を固定するもの)
保温サポーター  (ひざ関節を保温するもの)

ひざ関節痛で悩む方が、整形外科などで勧められるサポーターはごつくて使いにくいという人も多くいます。でも最近では、ひざ関節をしっかり固定出来て、装着も簡単に出来なおかつ、屈伸や少しぐらいの運動をしてもひざ関節痛の、膝の痛みを和らげてくれるものが市販されていますので、利用してみるのも良いでしょう。ひざ関節痛で悩む方が、一人で着け外しが簡単にできるので人気商品になっています。

ひざ関節痛で悩む方に、ひざ関節を温める膝サポーターがいろいろ市販されています。この膝サポーターは、温めることが主な目的ですので、寒い時期や夏にエアコンで膝が冷える場合などに使用します。膝周辺の血行が改善、新陳代謝も活発になって、痛みが和らいできます

ひざ関節痛で膝が痛い場合の装身具

ひざ関節痛で膝が痛い場合、膝サポーターを使用する場合の重要なポイントとしては、上の骨と下の骨の境である関節面部を固定することにあります。

膝関節痛で膝が痛い場合には、じん帯にそった力の方向をクロスベルトでとらえて、外側から左右前後のブレを防いだり、動きをサポートしてくれる専用の膝サポーターや膝ベルトを使用するとよいでしょう。

ひざ関節痛で使用すると効果的で「固定性・支持性」がよく「横じん帯・後半月大腿じん帯」を、特製のパットで包み込んで、膝痛の大きな原因となるズレやブレを防いでくれます。

それに、ひざ関節痛で膝が痛い場合に使用する、足底板(インソール)ですが、足裏の不安定からクッション作用の低下を補う為のソフト素材で出来ている専用インソールになります。

これは膝関節痛の原因になる、O脚やX脚の「変形性膝関節症」がある人が使用するとよいです。O脚の人達は外側が厚めのインソールを使用して下さい。膝への体重のかかり方が変わるので、痛みが和らぎ歩行が楽になります。

足裏からの大きな衝撃とねじれが膝につたわる事を防いでくれます。もし専用インソールがなかった時は、市販品でクッション製の高いインソールと、かかとだけのものを重ねて使用すると、変形性膝関節症の初期〜中期、ひざ関節痛によいでしょう。

ひざ関節痛を薬でやわらげる

ひざ関節痛を和らげる為に薬やカルシウム剤などを使用した薬物療法は一時的に膝痛を止めるためであり、完全に直す治療方法ではありません。

あくまでも膝関節痛の対症療法で、炎症を抑え、ひざ痛の症状を軽くし回復を助けるためのものです。運動療法、物理療法の補助であって、根本的な治療ではないと言う事になりますね。 

膝関節痛がひどく痛む場合に内服薬を急性期に用いることがあります。非ストロイド系抗炎症鎮痛薬は痛みを軽くし腫れや炎症を急速に抑えてくれ、変形性膝関節症に主に用いられています。

ひざ関節痛でストロイド系抗炎症鎮痛薬は慢性関節リウマチに使用され変形性膝関節症には用いられません。これらがひざ痛時に用いる内服薬です。

膝 関節痛の痛みがおちついた慢性期に使用する外用薬は、塗り薬と貼り薬になろます。塗り薬 クリーム軟膏は風呂上りに塗ってマッサージをすると良いでしょう。温熱療法と併用すると効果的といわれています。

ひざ関節痛に 貼り薬 湿布薬ですね。温感、冷感湿布があります。薬を皮膚から染み込ませるのが目的になります。

ひざ関節痛に坐薬は効き目がかなり速いので、膝痛が特にひどいときに用います。

膝関節痛での膝痛に注射薬を病院では膝の痛みを和らげるため注射をする場合があります。その注射の中身は、ヒアルロン酸で膝に注入し一時的に膝痛の症状を軽くさせてくれます。

ひざ関節痛のこらえきれない痛みが有ったなら、これらの事を用い膝痛を和らげます。

ひざ関節痛でもやりやすい運動

膝関節痛の人でも、健康面を考えると運動は必要ですね。ひざ 関節痛の方がやりやすいスポーツ、それはなんでしょう。

膝 関節痛の人には、当然ですが膝にあまり負担が掛からない運動がが、おすすめになります。

ひざ関節痛の方にお勧めのスポーツ一位は、水泳です。スイミングは多数の筋肉を動かす事が必要になる全身運動ですね。それに浮力があるので、体重がひざ関節の負担にならないので無理なくできますね。

ただし注意してもらいたいのは、平泳ぎの場合は膝関節を曲げすぎるので膝関節に負担がかかりすぎてしまいます。クロール、背泳ぎ、軽い水中歩行、水中体操をすると良いでしょう。

ひざ関節痛の方に水泳以外でお勧めできるのは、自転車になります。スイミングはプールがある所までいかないと出来ませんが、自転車だったら気軽に出きると思います。

自転車は座った状態でペダルをこぐので、比較的ひざ関節に負担が掛かりませんが、やり過ぎやスピードを出してのサイクリングいけません。ゆっくりした速度で関節をいたわりましょう。

ひざ 関節 痛 の方は水泳や自転車がいくら膝関節に負担が少ないとは言っても、やはり負担は掛かりますので、やり過ぎは慎み適度な運動にとどめましょうね。


ひざ痛と五十肩

ひざ痛に悩まされる方は、かなりの数に上ると思います。膝痛、膝の痛みは、一度なると中々取れにくく、長期間悩ませることも少なくありません。ひざの痛みよりはまだましですが、五十肩の痛みも自然に治るまでほっておくと、通常半年から1年ぐらいかかります。

膝関節の痛み、五十肩の痛みどちらも嫌ですね。
ひざ関節痛の重い痛みにはまだなった事は有りませんが、五十肩には、五十歳になるだいぶ前に右肩に来ました。最初はほったらかしにしておいたら痛みが増してきて、右腕が上に上がらなくなりかなり不便でした。約1年ほどで、完治して安心していたら、今度は左肩にやってきました。

左肩の関節部分から左腕が痛み現在奮闘中です。冷やすのではなく、温熱療法が良いようです。軟膏を塗り、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンを服用しながら気長に、痛みが無くなるのを待っています。

ひざ関節痛の原因と対策と言うタイトルから外れましたので、日記のカテゴリに書きました。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。