コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

■ひざ関節痛の一種、ひざ関節に水がたまるカテゴリの記事一覧

ひざ関節痛の一種、ひざ関節に水がたまる事がある

ひざ関節痛の一種で、ひざ関節部分に水がたまることがありますが、これを関節水症といい、この関節水症は関節に炎症が起こる事で、バランスがくずれて、多量に産生された関節液が、ひざ関節の中に貯留した状態のことをいっています。関節水腫は、関節炎の沈静化、軟骨の栄養に悪影響を与えるため、関節の外へ排出する必要があります。

ひざ関節に関わらずに、関節内には正常時には3ml程度の関節液が存在していて、関節の内側を覆っている滑膜の血管から常に関節内に関節液が分泌、吸収され続けています。しかしこれも関節内に炎症が起こり、バランスを崩すと関節液が関節内に貯留するようになってしまいます。

関節水症を改善するためには、まず水を除去しなければならないことになります。まず血液循環を活発にして、水を除去できるようにすることが大切で、血液循環を回復させるには、足関節、ひざ関節、股関節、腰椎を連携させていることが重要になります。また関節周囲の筋肉、靱帯をスムーズに動くようにする事で、身体の一部分に大きな負担がこないような身体づくりをしていくことになります。

ひざ関節痛を伴うと、次第に関節内の炎症が関節内のバランスを崩し、水が溜まりやすくなってきますが、この症状はひざだから起こる症状ではなく、身体の弱い部分に水が溜まるというふうに理解しておいたほうが良いと思われます。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。