コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

■ひざ関節痛は軟骨の磨耗や性質変化などで痛むカテゴリの記事一覧

ひざ関節痛は軟骨の磨耗や性質変化などによって痛む

ひざ関節痛は、ひざの関節にある軟骨の磨耗、性質変化などで痛みが生じます。ひざ関節は基本的には骨と骨の間の軟骨によって、スムーズな曲げ伸ばしが出来るようになっているんです。しかしこれが加齢などによって、軟骨の磨耗や性質変化が生じ始めて、痛みが引き起こされるようになってきます。

ひざ関節痛に関しましては、軟骨の剥離によって、その周りの滑膜が刺激されたり、滑膜の刺激によって炎症をおこして水がたまる等の症状が表れます。軟骨の磨耗は、はっきりした原因が分かっていないのが現状。しかし一般的に言われているのは加齢によるもの、それにO脚やX脚などのバランスが悪い状態、肥満などでよけいな負荷がかかる事などが原因とされています。

ひざ関節痛は、はっきりいってしまうと、完治は望めないというのが一般的です。そもそも、軟骨はいったん傷つくと元には戻らないと、いわれているからなんです。ひざ関節痛に代表される関節痛は、完治をを目標にするというより、痛みを逃がして無理のない動きが出来る身体作りを、目標にするほうがよいと思われます。

ひざ関節痛とは、上手に付き合っていく事こそが大切なことだと思います。
ひざ関節痛そのものは完治は難しいのですが、痛みを逃がし、その痛みを感じなくすることは可能です。それには身体の正しい使い方を、しっかりおぼえこませる必要があり、O脚やX脚の人は改善が必要で、肥満もひざ関節痛には負担がかかりよくありません。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。