コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

■ひざ関節痛を改善するためには、痛みを逃がすカテゴリの記事一覧

ひざ関節痛を改善するためには、痛みを逃すことが重要

ひざ関節痛を改善する為には、痛みを逃がすことが重要になってきます。それでは痛みを逃がすとは、いったいどういう意味でしょう。それは痛みが出ている箇所の周辺の筋肉を柔軟にすることで、痛みを留まらせなくすることが出来るということなんです。それに身体の使い方しだいで、ひざ関節痛を軽減させることも可能になります。

ひざ関節の周辺の筋肉はどこかいうと、「ハムストリングス」と「大腿四頭筋」というところです。あまり聞いたことがない言葉かもしれませんが、ハムストリングスは、太ももの内側ににある「大腿二頭筋」「半腱様筋」「半膜様筋」の三つを合わせた部位の名称をいっています。これらの筋肉を適度に鍛え続けることで、痛みをかなり軽減できるようになります。

先ほど言いましたように、ひざ関節痛の痛みじたいは、ひざ関節に関係する筋肉を柔軟にさせること、きちんと使わせること、これらをやることで血行がよくなり、痛みの物質が流れ出すようになってきます。その他に、ひざ周辺の筋肉をある程度は、鍛えておくことも重要になってきます。ひざの動きを他の筋肉でカバーしてしまうのも、対応法としては大変良いと思います。

ひざ関節痛とは、そんなに比較対象にならないのかもしれませんが、五十肩などの場合も痛みを十分に取り除けないことがあります。そういった場合には、肩周辺の筋肉、特に「インナーマッスル」を鍛えることで、痛みをカバーできる身体にしてしまうことも可能になります。これらは他の筋肉が、痛みの出る動きをさせないよう、カバーするためにおこないます。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。