コンドロイチン&グルコサミン お得な3個セット(約3ヶ月分)【送料・代引手数料無料】

膝関節が痛む原因とは

膝関節が痛む原因は、色々考えられます。
ひざ関節痛の主な原因について調べてみました。

血行不良も膝関節痛の原因の一つになります。
それはなぜかと言うと軟骨は血液で運ばれてきた栄養を素に、すり減った軟骨を再生または修復をするんですね。
身体が冷えると血流が悪化、栄養成分が届きにくくなるわけです。そうすると軟骨の修復が遅れたりして膝関節痛と言う形で症状が出てきます。そして動脈硬化もそうですしドロドロ血液なども血行不良の一つの原因になります。

膝軟骨がすり減る原因は様々な要因がありますが、日常の生活の中で、立つ歩く走るなどの普通の行動でも、ひざ軟骨に負担がかかっているんですね。

日常生活でも軟骨がすり減る原因があるわけですから、加齢で軟骨が磨り減ってきてしまうのはある程度仕方のないことなのかも知れません。
そしてそのすり減った膝軟骨はクッションとしての役目が十分に果たせなくなったとき膝関節痛となりひざの痛みを感じます。

ある調査によれば50歳代女性の場合約二人に一人が膝関節痛予備軍だと言われているんです。もちろんひざ関節痛がでる膝軟骨の磨り減る原因は加齢だけの問題ではありません。ひざに大きな負担となる肥満も原因になりますので肥満の方は、ダイエットの必要も出てきます。

スポーツはメタボリック対策や肥満対策ダイエットに良いと言われていますが、過度な運動は避けた方が膝関節のためにはいいと思います。
激しい運動は膝軟骨を早くすり減らす事にもつながりかねませんからね。

変形性膝関節症その2

ひざ関節痛でお悩みの方が増えているようですね。高齢化社会が進む中、膝の痛みと老化は大きな関係があります。

若い膝は、弾力性のある軟骨がクッションの役割をはたしてくれていて、膝関節を守っていました。そして骨膜から分泌のヒアルロン酸も、膝関節のスムーズな動きを助けていました。

ですが、加齢と共にヒアルロン酸は減り、軟骨も柔軟性を失い磨り減ってしまい膝関節痛を伴います。

そんな原因により、膝の骨と骨がぶつかりあい、ひざ関節の痛みを伴う変形性膝関節症になるんですね。

このことは一つの老化現象ですので、誰でもなる可能性が有るわけです。

膝の痛みを和らげるための、予防の意味でも様々なサプリメントが有りますので医師と相談の上、使って見るのも良いと思います。

そのことで膝の老化のスピードを遅らせることが出来たり、予防対策になるのならこんな簡単な事はないですよね。

変形性膝関節症で膝が痛む方へ その1

膝関節が痛む年配者の約80%の人は、変形性膝関節症という病名がついているんですね。

その変形性膝関節症の最も多い原因は老化なんです。膝関節痛は、老化で膝の軟骨成分が減少、それが元で痛みがでます。

ひざ関節痛の主な原因、変形性膝関節症は残念ですが根本治療は難しくて、殆ど対処療法になるのが現状です。

病院でも、炎症があり膝に水が溜まったなら水を抜きます。そして炎症のない時はヒアルロン酸の注射や低周波治療、そして温熱療法などになると思います。

症状がかなり進行すれば手術もします。手術内容は内視鏡を使った手術や人工関節の改良なども進んでいて、以前に比べだいぶ良くなっているようです。

ただし医師の治ったと言うのと、患者さんの治ったとの感じ方には開きがあるようです。患者さんは手術をすれば、健康で膝痛のなかった状態になると思っているようなんですね。

ひざの痛みを持った変形性膝関節症は、手術すればそれで完治するわけではなくその後の厳しいリハビリをする必要があります。

膝関節の痛みで手術を希望するなら、過度な期待を持つのではなく、手術後のリハビリ問題も含めて、医師とよく相談することが大切になります。

変形性膝関節症の手術を考えていない人も、膝関節痛の対処法をしっかりと受けながら、生活習慣の改善対策を取り対処していきましょう。


スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。